音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/05/06 [Wed] 21:46:19 » E d i t
久しぶりに書くブログ。すっかり書き方を忘れているのですが、まあボチボチですね。

大体、5月くらいに何か自分の中で転機があるのですが、今回はアニメーションでした。
ここ何年かほとんどアニメ(特にテレビシリーズ)を意識して見ることがなくなっていたのですが、マクロスFを昨年からブルーレイで観出して、お正月に不思議の海のナディアを全話見るなどの伏線はあったのですが、その流れでこのゴールデンウィークに交響詩篇エウレカセブンを全話鑑賞したわけです。

なんと言ったらいいのかな、作品を観終えてこの気分を自分は随分味わっていなかったなあと改めて思いましたね。このワクワクする感覚というのはかつてYMOに感じたものであり、自分自身の基本となる気分そのものに他ならないんだということ。

「なんだ、自分を変えるものは自分のすぐそばにあり、自分の中に今も生き続けているじゃない」
この1年は閉塞感があってかなり煮詰まっていたのですが、なんとなく希望が見えてきたような感じ。

やはり主人公が成長するドラマは違います。
主人公が全然成長しない全盛を極め、現在リメイク映画が作られている某アニメもありますが、ボクは断然エウレカを支持しますね。作品そのものではなくて主人公の姿勢ですが。

現在上映されている劇場版エウレカセブン・ポケットが虹でいっぱい(再生YMOのシングルタイトルの引用ですね)は鑑賞することが出来ないのですが、この映画が公開されるきっかけから、テレビシリーズを鑑賞することが出来たというのは偶然とはいえ、自分にとっていい出来事だったなと。

そんなわけで「コンティニュー」と「アニメージュオリジナル」の両誌を購入したりして。
特撮は勿論ですが、今年は動画も鑑賞することとしよう。
ますます時間、ないなあ。
スポンサーサイト

テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

[ANIME-013]三丁目の夕日 
2009/02/09 [Mon] 23:42:19 » E d i t
三丁目の夕日といえば劇場版「ALWAYS 三丁目の夕日」が印象深いですね。
特に鈴木オートにやってくるのが男性の六さんではなく、堀北さんが演ずる女性の六ちゃん。
この改変には賛否両論ありましたが、ボクはよかったと思いますね。
逆にボクにとって堀北さんは永遠に六ちゃんなんだろうなあ…。

この作品には原作コミック版もあるのですが、実は1990年制作のテレビアニメ版もあるんです。
主題歌を富田靖子が歌っているというのもまた時代を感じさせるのですが。
当時、裏番組がドラえもんということもあり、視聴率で勝てずほぼ打ち切り状態で終了。
ちびまるこちゃんが昭和50年代を描いた作品で本作は昭和30年代を描いた作品。
逆に今ならば受け入れられるかもしれませんね。

そんなわけでCS日本映画専門チャンネルで現在アニメ版を放送しているのです。
これは劇場版二作を現在放送しているのですが、そのつながりですね。
劇場版と違い鈴木オート中心に展開するということではなく、三丁目を舞台にした群集劇とでもいうような原作に近い作品です。
ほぼ毎日四本放送されるのでこまめに見るようにしています。

それにしても作品中で実によく人が亡くなっていきます。死が身近な場所での出来事ではなくて、病院での遠い出来事になってしまったということなのかもしれませんが。色々考えさせられます。

逆に今の時代が今生きている子供たちが将来物語として残したとしたらどんな物語が生まれるのでしょうね。
まあ、それは今の時代を生きる子供たちが考えればいい話でしょうけれど。
きっと新しい、ボクたちが想像がつかない物語を生み出すんでしょうね。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2009/02/07 [Sat] 23:30:30 » E d i t
運動も団体行動も苦手なボクですが、この作品だけはスポーツものですが何度も何度も観ます。
キャラクターも魅力ですが、やはり出崎作品の演出と杉野さんの作画が素晴らしいです。
特に小道具の電話の使い方が素晴らしいです。
あとは音楽もいいし、声優もキャラクターにあってますし。
少々台詞回しが古い部分がありますがそれはいい意味での欠点ということで。

最初にテレビで観たのがリメイク版エースをねらえ!で、その後劇場版をほぼリアルタイムで鑑賞。
あとはメディアが変わるごとに購入。ビデオ、レーザーディスク、DVDという具合。
今回はブルーレイということで大いに期待したのですが、画質はまずまずというところでしょうか。
最初はちょっと画質が…と思ったのですが、杞憂に過ぎなかったですね。
この画質なら大画面で何度も鑑賞しても大丈夫。次メディアで発売されるまでもたせないとね。
いいブルーレイディスクです。

この作品は原作の途中で終了していて、原作の後半部分がオリジナルビデオ作品としてリリースされていますが、多分観ることはないでしょう。ボクにとってエース…は、この劇場版で完結しているのですから。

テーマ:今日書いておきたいこと - ジャンル:日記

2009/01/27 [Tue] 21:23:18 » E d i t
例によってDVD発掘シリーズ。今日はカウボーイビバップ。
購入はしたものの面白そうな話だけしか観ていないんですね、これも。
ブルーレイでリリースされたらまた買い直す作品ですけれど。

2071年の太陽系を舞台に、宇宙船「ビバップ号」に乗って旅する賞金稼ぎ、スパイク・スピーゲル、ジェット・ブラック、フェイ・ヴァレンタインら乗組員の活躍を描くハードボイルドタッチのSFアニメである。『傷だらけの天使』や『探偵物語』といった70年代のTVドラマや、『スティング』や『ゲッタウェイ』などのアメリカン・ニューシネマをイメージした作風が特徴。ジャズをベースにした格調高い音楽、作品が持つ個性的で完成された世界観、キャラクターの個性、高い演出・表現力などが高い評価を受けている。

なんですが…。物語を観ないことにはこの雰囲気は伝わらないかもしれませんね。

ボクとしてはこの作品の魅力は音楽に尽きると思いますね。
例によって菅野よう子さんなんですが、彼女の音楽の幅広さには驚かされてしまいます。
本作のテーマはジャズですね。あとはブルース、ヒップホップ、 ストリートミュージック、テクノ、フレンチポップスが渾然一体して物語を彩っているわけです。この作品元々スタイリッシュなんですが、音楽によってさらに磨きがかかっているとい気がします。いい作品にはいい音楽、これ常識、なんて。やはり菅野よう子さんは才能ありますね。声質と雰囲気もタイプだったりします。

▲赤い服着たキーボーディストが彼女です。この曲がカウボーイビバップの主題歌です。

そんなわけで全26話+劇場版があるのでしばらく飽きないかな。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2009/01/23 [Fri] 23:08:27 » E d i t
本日ブルーレイマクロスフロンティア6巻が届いたので鑑賞。
金曜日に届くと翌日休日なのでゆっくり鑑賞できて嬉しいです。
毎回金曜日に届くといいんだけど。
映画も土曜日スタートというパターンがあるようにね。

もっとも毎回三話ずつ収録なので鑑賞時間もあっという間。
せめて四話収録してくれたらいいのに。
でもそうなると巻数が減って収入が減るので仕方ないのかもしれません。

話は例によって例の感じなんですが、キャラクターが魅力的でいいです。
第一作目のマクロスの魅力のひとつがキャラクターでしたから。
ボクは全く情報を得ないまま鑑賞しているので最終回までの展開が全く分からないんです。
だから毎回純粋に楽しむことが出来ますね。

そういえばこの夏、マクロスフロンティア映画化。必ず見に行かないとなあ。
ボクはシェリル派なので彼女が魅力的に描かれていればそれだけでいいのですが。
ちなみにこの六巻では全くいいところがありません。病院での三角関係のもつれ描写くらいかな。

しかし最終回、三角関係どうなるんだろ。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。