音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/02/21 [Sat] 22:28:51 » E d i t
緒川たまき見たさに日ごろ絶対にみないであろう父と娘のドラマを観たのですが、小津安二郎監督のオリジナル「晩春を観たくなりましたね。もちろん目当ての緒川たまきさんの魅力もよかったのですが、鈴木京香さんと長塚京三さんの淡々とした演技に惹き付けられました、完全に。
こういうドラマならいくらでも観てもいいですね。観終わった後に満足感と少しだけ切なくなってしまうような…。

市川崑監督が、敬愛する小津安二郎監督の名作『晩春』のリメイクに挑戦。TVドラマではあるが、美術、照明、撮影、音楽ともども劇場用映画なみの取り組みをした意欲作。

早くに妻を亡くした雨宮(長塚京三)は、娘の規子(鈴木京香)とふたり暮らし。婚期を逃しつつある規子を心配した雨宮は縁談を進めるが、娘は父親のことが心配だと、気乗りしない。

小津監督独自のローアングル撮影やセリフ回しなどを、市川監督は誠実に踏襲しているのだが、市川監督の茶目っ気のある演出にかかると、パロディのように見えて苦笑してしまう。
『晩春』では原節子が演じた規子役には鈴木京香が扮しており、その容貌といい所作といい、日本家屋にマッチした美しさには息をのむ。
規子の友人であるバツイチ女・綾(緒川たまき)の、父娘を見つめる微妙な視線と、その鮮やかな決着に、またしても茶目っ気たっぷりの崑タッチを感じてしまう。

このドラマはWOWOWの初期名作ドラマ群からセレクトしたシリーズの一本で、ほぼ同時に川上弘美さんの「センセイの鞄」もドラマ化されているんですね。小泉今日子さん主演で。録画してあるので後日鑑賞しようと思います。でもこのセンセイのこと、ボクはかなり嫌いなんですけどね。

スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV *  TB: 0  *  CM: 1  * top △ 
2009/02/18 [Wed] 22:53:15 » E d i t
たまに上京すると必ず行く街というのがあります。それは中野、秋葉原であるのですが、それらの街と同じような位置づけにあるのが神田、神保町界隈なんです。今回教育テレビでこの街が紹介されました。何軒か古書店を巡り、店と店主の古書に対するこだわりを紹介するという番組でしたが、よかったです。残念ながら放送時間があまりに短かったのですが。

同時に何故こういう街(それは古書店に限らず中古レコードでもなんでもいいのですが)が近所にないのか、さらに言えばそういう街がある場所に住むことが出来なかったのだろうか、というところに落ち着くのです。いまさら言うのも遅いのですが…。
人の生き方には何度か分岐点があると思うのですが、その都度、都度の判断というものは、その時には分からず後から理解することが多いと思いませんか。もしかしたら今がその時期なのかもしれません。もう人生半分ほど生きてきましたから、遅すぎるのかもしれませんが。

もうすぐ春。
上京する機会を見つけて神保町界隈を探訪してみようかな。
きっと今のこのモヤモヤが少しでも収まるといいんですけれど。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2009/02/13 [Fri] 23:04:51 » E d i t
ニューアルバム発売タイアップ?として今朝NHKほっとモーニングに坂本龍一さんが出演していました。

実は出演することをすっかり忘れていたので無事録画出来てよかったなあ、というところです。しかも戦メリとサントリーオールドの2曲演奏のオマケ付き。特に後者がよかったなあ。
今回のアルバムに収録されるであろう楽曲はto stanfordしかり、サントリーオールドしかり、いい曲ですよね。これはアルバムの出来を大いに期待していいかもしれません。楽しみです。

番組の内容ですが、演奏以外にもニューアルバムにまつわるエピソードが興味深かったです。特に坂本さんの音を採集する行為がボクの中にあるサウンドスケープ魂を非常に刺激してくれました。久しぶりに自分が好きな自然音を探しに出かけようかな。まずは池澤夏樹作品「帰ってきた男」を読んでからにでも。「スティル・ライフ」もいいかもしれない。

最近そういう気持ちを忘れているんですよね。
特にこの1年は最悪です。一番ダメになっているかもしれない。
もっと趣味に生きないと。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2009/01/21 [Wed] 23:04:16 » E d i t
基本的にあまりドラマを積極的に観ることはないのですが、予告編でこれは!と思ったドラマです。

不可思議な事件のみを担当する警視庁捜査一課特別班・通称「ベッパン」に所属する女性刑事“春瀬キイナ”が不可解な難事件を追う刑事ドラマ。ヒロインは警視庁捜査1課刑事、春瀬キイナ(菅野美穂)。速読、記憶力、観察眼に優れるが、少々天然フシギ系キャラのため、チームから外され、謎だらけの事件担当の特別班に回される。

まあ一般受けはしないかもしれませんがマニアというか、この種のドラマに目ざとい人の琴線に触れるでしょうね。

例えば怪奇大作戦。

『怪奇大作戦』(かいきだいさくせん)は、円谷プロダクションが制作し、TBS系で1968年(昭和43年)9月15日から1969年(昭和44年)3月9日まで毎週日曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、特撮テレビドラマである。
現代社会に発生する謎の科学犯罪に挑戦するSRI(科学捜査研究所)のメンバーたちの苦闘と活躍を描く。

物語は純粋な怪奇現象を扱った番組ではなく、怪奇が人間の手によって引き起こされた犯罪の一種であり、これに立ち向かう正義の科学チームという図式で構成されているのが特徴。同時に社会に疑問を投げかけるような重いテーマもあり、その話のクオリティの高さからも、いまだ根強いファンを持つ作品である。


あるいはBLACK OUT。

『BLACK OUT』(ブラックアウト)は、1995年10月7日から1996年3月30日までテレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマ。
1999年の近未来において、起こったハイテク犯罪を追う捜査官を描いた、SF犯罪ドラマ。

1999年、すでに……。
人類の科学が飽和状態を迎え、先端テクノロジーを悪用した怪事件が多発していた。警視庁科学捜査部の捜査官中園祥子と華屋崇一の2人が犯罪の謎を追う。

というようなドラマ。
これらについてはLD、DVDを購入するほど好きな作品ですね。

海外では「X-FILE」なんていうドラマもありますが、自分はあんまり好きじゃなかったりします。
やはり日本的風景で展開するドラマ、というのがいいですね。

そんなわけで、第一回はあまり意外な展開はなかったのですが、今後に期待、ということで。
三月の最終回まで楽しませてもらいます。
第一回、観た人いるかなあ。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV *  TB: 0  *  CM: 3  * top △ 
2008/12/19 [Fri] 23:41:02 » E d i t
NHK BShi で「スーパーライブ Perfume in 武道館」が放送されました。

残念ながら仕事の関係で録画での鑑賞でしたが全く問題なし。
高画質で保存できるハイビジョンレコーダーありがとうです。

実際に会場に行くことは叶わなかったのですが、これはこれでいいような気がします。
自宅でのんびりと高画質高音質でパフューム音楽を楽しむ喜び…たまりません。
完全放送とはいきませんでしたがシングル曲に関しては完全放送されましたし、舞台裏も若干紹介されましたし、90分という限られた放送時間としては満足できました。

期待していた「ポリリズム」が物足りなかったのですが、ハードなテクノ「GAME」が映像も音も想像以上によかったので、今後のパフュームの音が楽しみですね。硬質な音と彼女たちのボーカルのアンバランスが楽しめたらいいです。

一番よかったのは団結力の強さを感じられたところ。
この後のパフュームはというインタビューに対して、三人が三人とも「この三人でずっとやっていけたらいい」云々の発言をしているのですが、そのあたりが他のパフュームフォロワーグループとの決定的な違いなんでしょう。YMOと同じような高揚感を感じる彼女たちの今後の音楽に期待しつつ。

考えてみれば様々なメディアがありますが、パフュームに関して言えばCD音源と映像のみに興味があるというところですね。雑誌等の活字メディア、ラジオなどには全く興味が沸きませんね。YMOや細野、坂本氏に関しては映像、音楽はもちろんでしたが、活字メディアが重要だったのですが。

ボクが彼女たちに魅力を感じている部分というのは音とダンスと動画だということなんでしょうね、きっと。それ以外には関心がなくて、特に発言には興味がないというか。思想的になにかあればまた違うのでしょうけれど。かといって環境云々に発言するというのはまた違うような気がしますし。
余談でした。

追伸
メジャーになればなるほど(一般に浸透すればするほど)批判が多くなるのは仕方ないですが、ちょっと嫌な気分になることが多いです。無責任な発言には心が痛みます。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

TV *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。