音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/12/29 [Mon] 11:00:55 » E d i t
来年、ブルーレイディスク(以下BD)で発売される映像ソフトは多くなりそうですが、当ホームシアター「ハルモニオデオン」でもそれら映像を再生する機会が増えると思います。

ただ、高画質映像は楽しみなのですが、同時に出費が怖いような。
とりあえずBSやCSでハイビジョン放送で映画等はチェックはしているのですが、根っからのパッケージソフト派。自分で所有したい欲が強いわけです。
こうなるとレンタルも含めて住み分けを考慮した方がいいかもしれません。
例えば。映画などは基本的にBDでレンタル、もしくはエアチェックして、どうしても所有したい映画のみ購入する、というカタチ。
さてどうなることやら。

そんなわけで昨日BD「スウィングガールズ」を鑑賞しました。
これは欲しいBDのひとつでした。DVDはあまり画質よくないですから。
といっても120インチスクリーンで観ればの話です。
通常環境(パソコン、テレビ等)では問題ないわけですから。

高画質、高音質で鑑賞すると何度も観た映画にもかかわらず色々な発見があります。
まずは音響がいいです。夏の雰囲気、冬の寒さが伝わってきます。
問題は夏。
この撮影した年、冷夏であまり晴れた日がなかったようで、あまり抜けるような青空がないんですよね、残念ながら。
DVDではあまり感じなかったのですが、どんよりとした雰囲気、厚い雲というような、撮影時の空気感がよくわかるのです。オープニングの学校補習~電車で盆地を走るシーンも青空だったら、もっと爽快感があったんだろうなあ、と少々残念な気分に。
まあ、何度も観ているからそんなことを感じるだけで、一度、二度観る程度ではあまり気にならないんでしょうね、きっと。
あとは細かな台詞回しや、一人一人の細かい演技等の新しい発見があるんですね。
メインの四人以外はあまり分からないのですが、次第に各々の性格が見えてきたりする瞬間があるのです。これは楽しいですね。

考えてみればこのスウィングガールズ何度観たことか。
ソフトも購入しているし、映画館でも何度か観たし。
確か先月あたりにもテレビ放送で観たような。

そんな映画がボクにはたくさんあります。
つまりソフトで所有したくなるような映画。
何度も繰り返し観たくなるような映画が。
昨日のブログに書いたような映画たち。

不思議なことにそれら何度も観た映画には、観る度に新しい発見があるのです。
それは自分の記憶が蘇るというようなことではなく、映画そのものが成長しているような、そんな感覚に近いのかもしれません。
フィルムに封印されているのにもかかわらず。

メディアが新しくなる毎にソフトを再購入して鑑賞するのはつまりそういうことなのかもしれません。
ただしビデオ→レーザーディスク→DVD→BDと変わる毎に購入しなくなる、つまり淘汰される作品もあります。逆に購入され続ける作品というのはボクの中でますます純化されていくわけですね。

今から数年後、今のハイビジョンを凌駕する規格スーパーハイビジョンが登場するようです。その時にまた対応した新しいソフトが発売されるに違いありません。また発売されるであろう、ボクにとって大切な映画たち。多分また購入するんだろうなあ。

スーパーハイビジョンシアター「ハルモニオデオン」。
楽しみなような…。
スポンサーサイト

テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

映画 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2008/12/06 [Sat] 21:37:58 » E d i t
金曜深夜からずっとゴジラ映画を観ています。
途中寝たり、気分転換に外に出たりしたわけですが、延々と観ています。

ゴジラ映画というのは全部で28作ほどあります。昭和、平成、そしてミレニアムシリーズという具合に三期に分類されています。11月には昭和シリーズが連続放送。そして今回平成シリーズとミレニアムシリーズが放送されているわけです。ちなみにUSA版もあわせると二ヶ月で29本のゴジラ映画が放送されたということになります。

実際には全ての作品について、DVDソフトを持っていますが、今回はハイビジョンでの放送。残念ながら想像したほど画質がよくなくてがっかりなのですが、月525円の視聴料でこの画質で全作品楽しめるならばいいかな、というところです。当然市販DVDより画質はいいわけですから録画して保存できますし。余談ですが雪の影響からか、途中二度ほど停電。再放送があるからまだ救われるのですが、何もこんな日に停電しなくてもいいのではないかな、と。

ゴジラ映画といえば、以前も書いたと思いますが、1年に一度の楽しみでした。
毎年夏くらいから少しずつ情報が集まってきて、12月の第一週か二週の公開に向けて期待が高まっていく、というパターンだったのです。毎年初日初回を鑑賞するのが定番で、小雪舞う中、たくさんの子供たちと並んで待っているのが楽しかった。
鑑賞した後、出来がよければ満足。いい年越しが迎えられ、逆に出来が悪ければ、今年はダメだったから来年に期待しよう、ということになるわけで。毎年それが楽しかったな。

そんな年中行事も2004年12月まで。翌年からはゴジラ映画がない12月に。
2005年12月はなんとも複雑な気持ちになったものでした。
今年は自宅シアターでの鑑賞ですが、あの12月の気分をそれなりに味わえたような気がします。
でも、どうせなら劇場で新しいゴジラ映画、観たいな。

余談ですが、ゴジラ、あちこち壊してます。
ご当地破壊巡りですね。
お台場、渋谷、福岡、大阪、横浜、幕張、新宿等など。
近所の人は感慨深いものでしょうね。

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

映画 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2008/11/21 [Fri] 23:59:59 » E d i t
ようやく週末。
長い一週間でした。最近は冬ということもあり通勤が億劫で。
もっとも音楽を聴きながら往復一時間弱の時間を過ごすことが出来るのでいいんですが。
逆に自宅では音楽より映像作品を鑑賞する機会が増えているようです。
週末、特に金曜日は自宅で映画を一本鑑賞する…。
なんとも贅沢な、でも自分にとっては大切な時間です。
仕事絡みのつまらない雑事があって見られないことが多いですけれど。

そんなわけで本日は日本テレビ系「続三丁目の夕日」ブルーレイ「マクロスF・4」そしてCS日本映画専門チャンネルでの「24時間連続昭和ゴジラシリーズ」などを、自宅ホームシアター「ハルモニオデオン」で。ちょっと無理したけれど120インチスクリーンを設置してよかったと思っています。

「続…」については冒頭のゴジラシーン約2分だけで、自分としては大満足なんです。
毎年この時期12月に劇場にゴジラ鑑賞にいくのがずっと定番だったのですが、ここ何年かゴジラ映画が上映されていなかったのでボクの中で季節感が失われているんですね。
物語が偉大なるワンパターンでもいいんです。ゴジラ映画はもはや伝統芸なのでただ年末に上映されている、それを見るという行為自体に意味があるのです。

そういうわけで昨年年末劇場で公開された「続…」の冒頭ゴジラシーンには心底感極まりました。やはり年末は劇場でゴジラだな、と。早く劇場復活してくれないものだろうか。

今年はCSで全ゴジラ映画完全放送なのでいつもの冬の気分が蘇ってきています。12月5日(金)は平成ゴジラ作品が24時間完全放送。こちらはリアルタイムで観たのでさらに年末気分ですね。ありがとうCS日本映画専門チャンネル。

日本映画専門チャンネルといえば、請求書が来てましたが、935円でした。ハイビジョンでゴジラ全作品、相米監督全作品、「スウィングガールズ」の監督である初期矢口作品が観られたし、格安といえます。ますます自宅派になるなあ。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

映画 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2008/11/10 [Mon] 21:54:39 » E d i t
CSに最近加入したのですが日本映画専門チャンネルで相米慎二監督作品十作連続放送ということで非常に喜んでいるところです。さっそくブルーレイディスクを用意して待機しています。

特に「翔んだカップルオリジナル版」「雪の断章-情熱- 」 「台風クラブ」が見逃せないですね。
「翔んだカップルオリジナル版」は好きな作品のひとつ。設定は無理がありますが、映像がいいですね。この作品で長回しを学びましたね。

「雪の断章-情熱-」は斉藤由貴さんの輝きを見事に封印してくれたなあと。
原作の佐々木丸美さんの作品もこの映画のおかげで出会えましたし。
ただ原作の佐々木さんがこの作品を気に入っていないようで、DVD化される機会がないので、今回の放送はかなり貴重だと思います。楽しみですね。

それにしても相米慎二監督作品が一気に見られるなんて嬉しいですね。
次は大林宣彦監督作品特集でもしてくれないかなあ。

今夜は 「翔んだカップルオリジナル版」と「東京上空いらっしゃいませ」の2本。
そういや「東京…」も見たなあ。

楽しみな相米慎二監督特集ですね。

あ、「櫻の園」の予告編やってる。

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

映画 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2008/11/09 [Sun] 22:59:37 » E d i t
スウィングガールズがハイビジョン放送ということで鑑賞。
やはりいいですね。キャラクターがイキイキしている映画は観ていて楽しい。

この映画は何度観ても飽きませんね。劇場で三回、DVDに至っては…。
やはり青春映画は楽しいというか後味がいいものが好みですね。
人が死んだり、暗い気分になる映画は観ていてキツイです。
ボクにとってそんなに楽しい青春時代ではなかったので、
せめて映画では楽しい気分になりたいんですよね。

そんなわけでハイビジョン放送には期待していたわけです。
CMは邪魔(と言ってはいけませんね。スポンサーがいるから鑑賞できるわけですから)でしたが、やはりハイビジョン画質はいいです。自宅には三枚組みDVDボックスがありますが、ハイビジョンを見た後ではもう戻れません。やはりブルーレイディスク購入しようかな。

とはいうもののDVDボックスの意義がなくなったというわけではないのですね。
最近発売されたブルーレイには収録されていない数々の映像がこのボックスには収録されているため、若干画質が悪くても売るわけにはいきません。

今日はこの特典映像集ディスクを鑑賞したところでした。
メイキングや、TV出演、サイドドラマ等など四時間近くの映像を鑑賞して、
ますますスウィングガールズという作品が好きになりました。
楽しいなあ、ガールズ。また見ようかな。

次は「櫻の園」かな。

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

映画 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。